セルライトマッサージ

一度太った事がある人や出産を経験した人はセルライトが出てくる場合が多く、太ももの裏側やウエストからヒップにかけて肉割れのようになってしまいます。

普段は露出する事がないので問題ありませんが、水着を着る時などは見た目を大きくマイナスにしてしまいますから出来る限りのケアをして目立たないように努力する必要があります。


エステサロンでは特殊な器具を使ってセルライトの除去をしたりしますが、器具を使う分費用もかさんでしまいます。



自宅でゆっくりケアをするのであれば自分でマッサージなどをしながらそれを持続させる事が大切です。

マッサージの方法にもポイントがあります。

ただ揉み解すというのではなくセルライトをつぶすという感覚で刺激していきます。
最初は凝り固まったものを解さないといけないので揉みだす感覚で良いですが、ある程度解れてきたら、強く押すようにマッサージすると良いでしょう。

セルライトのマッサージのお役立ち情報を公開しています。

その際に皮膚を温めておくと効率がよくなりますから、入浴時や入浴後、運動後などがベストです。どのようなマッサージでも同じですが、滑りをよくした方が揉みやすくなります。

入浴時はとろみのある入浴剤を入れてみたり、入浴後であればホホバオイルやスイートアーモンドオイルなど肌に良いキャリアオイルを塗布してから解しましょう。

M3Q情報を集めているサイトです。

しかしあまり頻繁にケアし過ぎると筋肉を傷つけてしまったり、筋を傷めてしまう可能性もありますから1日1回くらいが適切と言えます。